スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    F1 2010 Rd.2 オーストラリアGP

    給油がなくなって初のレースだった前回バーレーン。オーバーテイクが減って単調なレースになり、各所から非難の嵐。バーレーンはサーキットが悪いし、個人的には純粋な駆け引きがみれて面白かったけど。

    今回のオーストラリアは市街地サーキットで、例年アクシデントが起こりやすく、しかも今年は雨。予想通り、荒れました。

    ■予選
    バーレーンに続いてベッテル(レッドブル)がPP。2位に僚友ウェバー、3位は前回勝者のアロンソ(フェラーリ)。ベッテルはコースレコードの1分23秒台のスーパーラップだった。

    ■(´・ω・`)ショボーン
    決勝スタートの1コーナーで、バトンとアロンソとシューマッハのチャンピオン3人絡むという豪華な多重クラッシュ。


    後方では小林可夢偉のマシンからフロントウィングが脱落、ヒュルケンベルクとブエミを巻き込んでリタイア。つーかアレは危なかった。。


    シューマッハが最下位になる等、順位がシャッフルされ、あちこちでバトルがみられる熱い展開に。


    その頃PPのベッテルは1位独走、雨に滅法強いベッテルの優勝(゚∀゚)クルー!と思った矢先。

    ホイールナットのゆるみが原因らしい。前回のエンジントラブルといい、ニューウィ先生、RB6は速くて格好いいけど、車の信頼性を。。

    この混乱の中、トップに躍り出たのはバトン。ナンダッテー!
    現チャンピオンとはいえ開幕戦ボロボロで、今年ムリじゃね?といわれてたバトン、結果はこのまま逃げ切って優勝。レース序盤、コースが乾いて真っ先にドライタイヤに交換してアドバンテージを築くなど、クレバーな走りも見せた。タイヤも綺麗で、正直見直した。
    車を降りたあと、日本語で「やったー」と叫んでたのがまたw。(彼女が日本人モデル)。
    といいつつ、可夢偉もベッテルも消えて後半流し見でしたがw

    一方、地元で燃えるウェバーは特攻していた。

    もうやだこのOG。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ヴォルフィード(ヴォル)

    Author:ヴォルフィード(ヴォル)
    職業:社畜
    メール:lich.to.mbre@gmail.com(@を半角に変えてとかそんな感じ)
    戯れ言:放置しすぎた

    ・アニメ視聴リスト(-):
    ゆるゆり
    シュタゲ
    うさぎドロップ
    ピングドラム

    ・ゲーム:
    Xchange Alternative2
    XChange Alternative2


    絵師:
    CARNELIAN
    杉菜水姫
    上田メタヲ

    サークル:
    おたうT-Rかえでの丘Z-Less自称清純派BLACK DOGbolze.丸田道場ローカスタ・キネンシス

    ソフトメーカ:
    07th Expansion
    TYPE-MOON
    Innocent Grey
    アリスソフト
    エルフ
    テリオス
    ORBIT
    BlackCyc
    アトリエかぐや
    ふぐり屋
    ミンク

    ・チェックしてる本:
    ---コミック---
    ToLoveる だーくね巣
    さよなら絶望先生
    生徒会役員共
    ゆるゆり
    ---ラノベ---
    マリア様がみてる(~薔薇のミルフィーユ)


    『桃華月憚』応援中です!

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。