スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新書「英語の語源」

    「英語の語源」(密林)
    講談社・渡部昇一
    1977/6/20

    [内容]
    タイトル通り、英単語の語源をテーマに分けて紹介している。この本の特徴として、英語の語源を西洋哲学、東洋の漢字音、中国哲学などと幅広く絡めていて、教養本としてのも読み応えがある点。

    [感想]
    自分は語源本が好きで、色々な本を読んできたが、この本の視点は広い。一般にこの類の本は、ある単語の語源から関連する単語を羅列する、ある意味辞書的な本が多い(それでも十分面白いが)。この本はさらに踏み込んで、生活観や哲学の話までするあたり、セミナーや輪講のようだ。印象に残ったのは、ヴィルヘルム1世がプロイセン国王"king"からドイツ皇帝"emperor"になる際に抵抗を示した話。そして自然主義"naturalism"が、一見反しているように見える「人間の性に従う」主義と「山川の自然に帰する」主義の両方を表すのは何故か、という話。日常使っている言葉には、数千年に渡る人間の歴史が刻まれていると感じさせられた。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ヴォルフィード(ヴォル)

    Author:ヴォルフィード(ヴォル)
    職業:社畜
    メール:lich.to.mbre@gmail.com(@を半角に変えてとかそんな感じ)
    戯れ言:放置しすぎた

    ・アニメ視聴リスト(-):
    ゆるゆり
    シュタゲ
    うさぎドロップ
    ピングドラム

    ・ゲーム:
    Xchange Alternative2
    XChange Alternative2


    絵師:
    CARNELIAN
    杉菜水姫
    上田メタヲ

    サークル:
    おたうT-Rかえでの丘Z-Less自称清純派BLACK DOGbolze.丸田道場ローカスタ・キネンシス

    ソフトメーカ:
    07th Expansion
    TYPE-MOON
    Innocent Grey
    アリスソフト
    エルフ
    テリオス
    ORBIT
    BlackCyc
    アトリエかぐや
    ふぐり屋
    ミンク

    ・チェックしてる本:
    ---コミック---
    ToLoveる だーくね巣
    さよなら絶望先生
    生徒会役員共
    ゆるゆり
    ---ラノベ---
    マリア様がみてる(~薔薇のミルフィーユ)


    『桃華月憚』応援中です!

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。