F1 2010 Rd.2 オーストラリアGP

    給油がなくなって初のレースだった前回バーレーン。オーバーテイクが減って単調なレースになり、各所から非難の嵐。バーレーンはサーキットが悪いし、個人的には純粋な駆け引きがみれて面白かったけど。

    今回のオーストラリアは市街地サーキットで、例年アクシデントが起こりやすく、しかも今年は雨。予想通り、荒れました。

    ■予選
    バーレーンに続いてベッテル(レッドブル)がPP。2位に僚友ウェバー、3位は前回勝者のアロンソ(フェラーリ)。ベッテルはコースレコードの1分23秒台のスーパーラップだった。

    ■(´・ω・`)ショボーン
    決勝スタートの1コーナーで、バトンとアロンソとシューマッハのチャンピオン3人絡むという豪華な多重クラッシュ。


    後方では小林可夢偉のマシンからフロントウィングが脱落、ヒュルケンベルクとブエミを巻き込んでリタイア。つーかアレは危なかった。。


    シューマッハが最下位になる等、順位がシャッフルされ、あちこちでバトルがみられる熱い展開に。


    その頃PPのベッテルは1位独走、雨に滅法強いベッテルの優勝(゚∀゚)クルー!と思った矢先。

    ホイールナットのゆるみが原因らしい。前回のエンジントラブルといい、ニューウィ先生、RB6は速くて格好いいけど、車の信頼性を。。

    この混乱の中、トップに躍り出たのはバトン。ナンダッテー!
    現チャンピオンとはいえ開幕戦ボロボロで、今年ムリじゃね?といわれてたバトン、結果はこのまま逃げ切って優勝。レース序盤、コースが乾いて真っ先にドライタイヤに交換してアドバンテージを築くなど、クレバーな走りも見せた。タイヤも綺麗で、正直見直した。
    車を降りたあと、日本語で「やったー」と叫んでたのがまたw。(彼女が日本人モデル)。
    といいつつ、可夢偉もベッテルも消えて後半流し見でしたがw

    一方、地元で燃えるウェバーは特攻していた。

    もうやだこのOG。
    スポンサーサイト

    F1 2010 Rd.1 バーレーンGP

    開幕戦だったので、CS入る実家でライブ観戦しました。

    結果はアロンソ、マッサのフェラーリ1-2、3位にマクラーレンのハミルトン。ポールポジションのベッテルは、レース後半にさしかかったところでエキゾーストパイプは割れて失速、4位。復帰したシューマッハは6位と大健闘。期待の小林可夢偉はハイドロ系トラブルでリタイア。

    ■上位陣
    4強とされていたフェラーリ、マクラーレン、メルセデス、レッドブルが綺麗に8位まで独占。今回圧勝したフェラーリは予選の一発で速く、決勝のロングランも速い。マクラーレン、メルセデスがそこから1つ落ちる感じ。レッドブルは信頼性が鍵ですね。

    ■中位陣
    去年後半に注目されたフォースインディアが中位陣では上位の9、12位。完全にテールエンダーから脱したっぽい。片方が新人なので判断しにくいけど、ウィリアムズ、ルノーもそこそこ良さそう。注目されてたザウバーは小林含めて両方メカニカルトラブルでリタイアと厳しい初戦。

    ■新チーム
    ヒスパニア、ヴァージンが2台リタイアになる一方、ロータスは2台完走を果たした。スピードより信頼性をとるコンベンショナルな設計思想がとりあえず当った感じ。

    ■次回オーストラリアGP
    同僚ロズベルクに予選、決勝共に完敗したシューマッハが逆転するのか。フェラーリの独走は続くのか。新チームは走りきれるかなど、次回も見所多そうです。

    F1 2010開幕

    退屈な冬が終わって、やっと2010年のF1開幕。
    自分の復習をかねて、冬の動きをまとめてみる。

    ドライバーラインナップ
    マシン一覧

    ■給油禁止
    今年から給油禁止。
    燃料タンクは倍近く大きくなった為、車は20センチ近く長くなった。走り始めは重くてタイヤを痛めやすく、後半燃料が減ると車の特性が大きく変わる。ドライバーの対応力が試される。ちなみに前回の給油禁止マシン(~1993)を運転したことがあるのは、24名中シューマッハバリチェロのみ。

    ■ピットストップ
    タイヤは2種類使う規約なので、ピットストップは最低1回はしないといけない。タイヤ交換でピットストップタイムが決まるので、各チーム練習を繰り返しており、レッドブル2秒弱を記録したとか。

    ■シューマッハ電撃復帰
    2年のブランクを挟んで皇帝復活。4人もチャンピオンが走るのは60年のF1史上でも稀。ライコネンがいれば5人だった(WRCに移籍)。現役時代を観たことがないので、すごく楽しみ。

    ■ニー・ゲート(Knee Gate)なう
    マクラーレン秘密兵器を投入。マシンに小さなダクトが開いていて、直線走行時に10km/h(!)のアドバンテージを得られるらしい。ミソはこのダクトの調整をドライバーの膝(Knee)で行うこと。F1は可動の空力付加物を禁止してるが、動くのはドライバーの膝。FIAも先日、合法と発表した
    今年からモノコックはシーズン中に改良できないため、マクラーレンは暫くアドバンテージを保てる。他チームの追随も見物。

    ■新規チームのゴタゴタ
    既存の9チームに、新規参入が4チームの計13チーム!
    ここ数年代わり映えしなかったF1に新しい風を!

    …のはずが、すんなり行ったのはロータスヴァージンのみ。
    カンポスは財政的に追い詰められた末、最後は実業家が買い取ってHRT(ヒスパニア・レーシング)に改名。なんとか参戦にこぎ着けた。
    最悪だったのはUSF1。YouTubeなどがスポンサーに付くと噂だったが、財政難でアウト。そもそも最初からまともな参戦計画はなかったらしい。F○ck。
    トヨタを引き継いだステファンGPは、企業実体が年収10万円と判明し、華麗にスルー。

    よって最終的には12チーム、24台で確定。
    盛り上がったというか、gdgd杉。

    ■ナショナリズムの復活?
    世界不況のあおりで自動車メーカーが一気に撤退し、F1の起源であるナショナリズムが復活気味。
    (純粋なメーカーはメルセデスのみ)

    フェラーリアロンソ(西)、マッサ(イタリア系ブラジル人)でラテン系
    メルセデス…シューマッハ、ロズベルクハイドフェルドでオールドイツ人
    マクラーレン…バトンハミルトンのイギリス人チャンピオンコンビ
    フォースインディア…インド国旗マシン
    ロータス…マレーシア政府がバックアップ
    ルノープーチンがバックアップ

    ■冬期テストの結果
    フェラーリ、マクラーレン、レッドブル、メルセデスが去年に引き続き4強っぽい。
    ザウバートロロッソウィリアムズ、ルノーが中団グループを結成か。今年から上位10台までがポイントを得られるので、中団のポイント争いも熱そう。
    新規チームはトップから2-4秒も遅く、周回遅れの処理もトップ集団の課題か。ちなみにHRTはテストで1回も走っていないので開幕戦でぶっつけ本番。ヴァージンもテスト中にウィングを落とすなど、別の意味でドキドキが止らない。
    なんか80年代のF1みたい。

    ■で、今年は
    チャンピオン予想。
    期待を込めて、ヴェッテル。最高のマシン、最高のドライビング、最高の向上心。昨年チャンピオンになれなかったのは、若さ故の過ち(ミス)。vsシューマッハも見物。
    ちなみにコンストラクターは、マシンとドライバーが水準以上のフェラーリかマクラーレンが妥当じゃないだろうか。
    やってくれそうな日本人の小林可夢偉、GP2チャンプのニコ・ヒュルケンベルクアイルトンの甥のブルーノ・セナあたりにも注目ですかね。
    プロフィール

    ヴォルフィード(ヴォル)

    Author:ヴォルフィード(ヴォル)
    職業:社畜
    メール:lich.to.mbre@gmail.com(@を半角に変えてとかそんな感じ)
    戯れ言:放置しすぎた

    ・アニメ視聴リスト(-):
    ゆるゆり
    シュタゲ
    うさぎドロップ
    ピングドラム

    ・ゲーム:
    Xchange Alternative2
    XChange Alternative2


    絵師:
    CARNELIAN
    杉菜水姫
    上田メタヲ

    サークル:
    おたうT-Rかえでの丘Z-Less自称清純派BLACK DOGbolze.丸田道場ローカスタ・キネンシス

    ソフトメーカ:
    07th Expansion
    TYPE-MOON
    Innocent Grey
    アリスソフト
    エルフ
    テリオス
    ORBIT
    BlackCyc
    アトリエかぐや
    ふぐり屋
    ミンク

    ・チェックしてる本:
    ---コミック---
    ToLoveる だーくね巣
    さよなら絶望先生
    生徒会役員共
    ゆるゆり
    ---ラノベ---
    マリア様がみてる(~薔薇のミルフィーユ)


    『桃華月憚』応援中です!

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク